法律実務学科 2年制法務事務・法務秘書コース

法律知識を活かしてワンランク上の就職を目指します。

法律知識を持った事務系人材や、さらに秘書業務を兼ねる事務系人材を育成します。現代の企業はコンプライアンス(法令遵守)を常に意識した行動が求められています。法務部門に限らず営業・販売・総務・人事などあらゆる職種で今後一層重用される人材を育成します。

企業の方からのメッセージ

あらゆるスポーツにルールがあるように、ビジネスには法律というルールがあります。
法律を知らずにビジネスをしていると、トラブルに巻き込まれたり、不祥事を起こしたりするかも知れません。そのため、多くの企業において、ビジネススキルだけでなく、法律知識を持つことが重要視されています。このような状況において、法務事務・法務秘書コースには、ビジネスのルールとスキルを合わせて学ぶことができるカリキュラムが組まれていますので、企業に役立つ人材を目指す方に自信を持っておすすめします。

行政書士
大樹総務事務所 所長
森 大樹

秘書業務に通じる、新しい分野での活躍が期待できるコースができました。
昨今一般企業でも法律知識を持った人材の必要性が増しています。
事務能力に加え、法律の知識を持ち秘書業務もこなせる人材を育成するこのコースは、将来企業で活躍を目指す皆様に、新たな学びの場を提供できると思います。
是非皆様頑張ってください。

株式会社SUGIコーポレイション
代表取締役
杉本 直鴻

コースのポイント

  • 最初の目標は「宅建士」合格資格をテコに法律学をゼロから学んで基礎力を養成する
  • 法務事務を担う上で必要な実務法規について各種検定試験の合格を目指しつつ学習する
  • 少人数制の授業と指導で、法律学初心者も着実に実力が付く面接や進路指導は個別に対応

この授業に注目

法律系検定試験対策

各法律のポイントを実務に則して学ぶ

1年の前期に学んだ知識を前提に、ビジネス実務法務検定試験やビジネスコンプライアンス検定試験合格を目指して、民法、会社法はもとより民訴、民保、民執、労働関係法規や、その他企業人に必要な多種多様な法規の要点を横断的・複合的に学びます。

宅建特講

法律学の基礎を宅建士対策から学ぶ

「宅建士」は不動産業で必要不可欠なだけでなく、不動産関連業務においても重要な地位を占める資格です。一定の知識を習得したら問題を解いて、さらに理解し、知識を積み上げていく。演習を重ね、合格を確実なものにします。

就職指導(個別指導)

一人ひとりに親身な指導

一口に法務実務と言っても、法務相談窓口の対応からリスクマネージメントなど内容は多岐に分かれます。専門知識と多様な対応力が求められ、当然面接試験の比重も高くなっています。多様化する面接試験に対応でき、かつ確実に本番で実力が発揮できるよう、実戦形式で指導します。

目標試験

宅地建物取引士

ビジネスコンプライアンス検定

秘書検定

MOS(Microsoft Ofiice Specialist)

ビジネス実務法務検定

法学検定

日商簿記検定

将来の進路

企業の総務部、法務部や保険会社、銀行の信託部門、病院、不動産会社等

弁護士事務所、司法書士事務所、行政書士事務所、社労士事務所

学びのプログラム

事務能力だけでなく法律の知識を持った事務系人材や秘書業務を兼ねる事務系人材を育成します。

スタートアップ期間

最短距離で三冠をねらう必勝スケジュール

スケジュール 

スケジュール

時間割例

 
  ショートホームルーム(9:10~9:20)
1 法学検定対策 ビジネス基礎 就職対策(総合) 法学検定対策 論作文演習
2 就職対策(総合) キャリア開発 憲法 文章理解 TOEIC®
3 簿記対策 就職対策(個別) 民法 民法 秘書検定対策
4 簿記対策     秘書検定対策

1限目 9:20-10:50 2限目 11:05-12:35 3限目 13:25-14:55 4限目 15:10-16:40
※時間割例ですので、実際の時間割と異なることがあります。