Successfull Story法律資格 合格者からのメッセージ

全員が一つの目標に向かって勉強しているので自然と競争心・向上心が生まれました

自分のこれまでの経験から不動産関係の職に就きたいと考えていました。そのために必要となる資格などを取得するためにこの学校で学ぶことを決めました。
目標となる資格を取得するために、初めに自分自身で計画を立てて勉強に取り組みました。先生方の励ましやサポート、教務の方の応援などこの学校には一体感が感じられました。おかげで一年目に宅建士合格、2年目には賃貸不動産経営管理士やその他の資格を取得することができました。

実績はもちろん強力なサポート体制が合格への大きな原動力になりました

進学前に働いていた時、もっと自分のスキルを高めたいと思い、資格取得を目指してこの学校に入学しました。
実績はもちろんですがこの学校の特長はさまざまなサポート体制だと思います。私の場合、宅建士取得に向けて先生方が重要なポイントや試験対策など親身になってサポートしてくれました。また、就職活動においてもきめ細やかにサポートしていただきました。私自身も毎日の積み重ねを大事に頑張ることができました。今後は社会に出て今以上にスキルアップしていきたいと考えています。

司法書士を目指したのは、勉強するなら目標は高いほうがいいと考えたからです。駿台は、毎日1限から授業があるので規則正しい生活のリズムを保ちやすく、同じ目標を持つ仲間たちと刺激し合えたこともよかったですね。これからは、さらに知識を深めるため大学に編入しました。いろいろな経験を積み、早く一人前の司法書士になりたいと思っています。

現在、司法書士として事務所を構え、駿台でも教えています。司法書士試験で大切なのは、民法、民事訴訟法、不動産登記法などの互いにリンクしているところを押さえること。それにより、全体を体系的に理解できるようになります。そして一般教養科目もポイントとなるので「法律とは関係ない」などと思わず、しっかり勉強してください。合格は、地道な作業の成果です。

授業中は質問が飛び交い、その場で議論になることも多く、少人数制ならではの中身の濃い授業でした。休憩時間や放課後は、友だちと質問し合ったり一緒に考えたりして、頭の中がとても整理されました。合格の秘訣は、「資格を取るために勉強するぞ!」と心を決めて入学すること。駿台は集中できる環境が整っているので、波に乗れると思います。

行政書士の事務所を開きたいという夢があり、駿台のオープンキャンパスに参加。小川先生とお話しして「この先生なら!」と思ったことが入学の決め手になりました。

宅建特講では過去問の演習と解説にたっぷり時間をかけていただいて、本番に向けて大きく力が伸びました。理解できない点はどんどん先生に質問すること。合格率を恐れず、受かると信じて努力すれば結果は自ずとついてきます。

駿台はどの授業もわかりやすく、先生方はどんな質問にも丁寧に対応してくださり、とても助けていただきました。この学校に入学した時の初心を忘れずに、目標に向かつて努力を続ければ、夢は必ずかなうはずです。

「基礎をおろそかにしない」「その日のうちに必ず復習する」、これで私は本番に満点が取れました。同じ目標を待つ仲間と助け合い共に成長できたこと、また教職員の方々の親身なサポートもモチベーションの維持につながりました。

大学入試で思うような結果が出せず駿台に入学したこともあり、最初は大学編入を考えていました。しかし、駿台の授業は想像以上にレベルが高く、経歴や年齢も様々な仲間たちから刺激を受けるうちに大学へのこだわりはなくなりました。ここで2年間勉強すれば、進学でも就職でも高いスキルを持って次のステージに進めるのです。就職活動では取得した資格が大きな武器となりました。希望していた不動産系で、多様な業務に携われる理想的な会社に採用が決まりました。

法律知識が全くない状態からのスタートでしたが、理解しやすい授業と先生方の親身なケアのおかげで、難関を突破することができました。これからも司法書士試験合格を目標に、まだまだ勉強を続けていきます。

駿台で学んだことの一番の収穫は、勉強する楽しさを知ったことです。入学して気持ちを切り替えて勉強したところ、3カ月後のクラス内テストで1位に。「やればできるんだ!」と思った瞬間、勉強への意欲が一気に高まりました。

駿台へは法律資格を取ろうと思って入りました。高校時代は勉強が好きではなく、集中力も長続きしませんでしたが、入学後は計画的に勉強する習慣がつき、ともに学ぶ仲間の力もあって、目標としていた「三冠」を取得することができました。卒業後は、法律の知識や思考力をさらに高めるため神奈川大学に編入しました。民法の不動産に関する判断、特に物件分野を研究したいと考えています。

駿台は密度の濃い授業で、どんどん力がついていくのを実感しました。日常生活に関連する部分も多いので、法律を勉強すること自体が楽しく感じられました。多くの資格を取ったことが、就職の強い武器になったと思います。

私は、社会科の教師を目指していましたが、思うような結果を出せませんでした。そこで、専門学校でしっかりと資格を取りたいと考え入学しました。もともとコツコツ勉強するのは好きだったので、在学中に宅建士・マンシヨン管理士・管理業務主任者を取得することができました。