NEWS/TOPICS 「東京特別区職員」最終合格!

  • 2014年12月10日

本校学生が「東京特別区職員」に最終合格しました!
合格した学生のインタビューをお届けします。

★阿部 優奈さん(岩手県立大船渡高校出身)

「東京特別区職員」
「川崎市職員」
「海上保安学校(特別)」 最終合格

・志望動機

まずは東京で行政をしたいという思いがありました。中でも東京特別区は区民の方々との距離が近い仕事ができると思い志望しました。

・本番の試験について

公務員試験は内定が出るまで本当に長かったので、精神的な不安が大きかったです。最後まで継続してやり抜く力が大切だと感じました。
特別区の試験は教養が6割に達していなかったのですが、作文と面接でカバーできたのだと思っています。作文は自分の経験を具体的に書けるようにしておくと良いと思います。

・本校について

政治の授業は聞いているだけで覚えることができる程わかりやすい授業でした。
また、人文科学の授業では重要なポイントをしっかり教えてくれるので、本番の試験ではとても役立ちました。
駿台は勉強面だけでなく、その他いろいろなことを学べ、充実した毎日を送ることができました。

・これから公務員試験を受験する人へのアドバイス

合格するまでは将来に対する不安だったり、心配なことが多いと思います。
とにかく自分を信じて最後まで諦めずに頑張ってください。