Successfull Story公務員合格 合格者からのメッセージ

横浜がみんなに愛される街になるよう、日々学びながら業務に取り組んでいます。

横浜市役所を志望したのは、生まれ育った横浜がみんなに愛される「住んで良し!遊びに来て良し!」の街になってほしいと思ったからです。その希望が叶ったのは、駿台のおかげです。入学当初は勉強が苦手でしたが、先生方が基礎から教えてくれたので疑問を残さずに勉強できました。授業のことから進路のことまで何でも相談できる先生は心強い存在でした。また、クラスの仲間と弱点を教え合うことで楽しく学ぶことができ、目標を見失うことなく過ごせました。仲間たちとは今でも集まり、お互いの事業やプライベートについて和気あいあいと話しています。横浜市入庁後は、区役所の戸籍課での窓口対応や教育委員会事務局での業務のほか、人事交流制度で鹿児島県鹿児島市役所に異動し観光プロモーション業務にも携わりました。現在は区役所で歴史プロモーションやイベントの実施などの業務を行っています。業務の幅が広いので、日々学びながら取り組んでいます。

基礎から学べるカリキュラムと親身なサポートのおかげで目標を達成!

オープンキャンパスに参加したとき、学校の雰囲気が良かったことと少人数制に惹かれて入学を決めました。高校では理系クラスだったため、政治・経済はほとんど勉強していませんでしたが、駿台のカリキュラムは基礎から始まるのでとてもわかりやすく、着実に力がつきました。公務員試験では政治・経済分野が得点源になったほどです。ここまで努力し続けることができたのも、先生方の親身なサポートがあったからこそ。おかげで目標を達成することができました。

先生に質問しやすい少人数制だから苦手科目を克服できました

公務員を志したのは、福祉行政に携わりたいと思ったからです。高校3年のとき試験を受けましたが、結果は不合格。あきらめられず、もう一度チャレンジするために駿台に入学しました。基礎からステップアップしていくカリキュラムが私にはとても合っていたようで、また、少人数制なので先生に質問しやすく、わからないことは積極的に聞くようにしました。その結果、苦手だった理数系科目も克服でき、無事試験に合格!採用も決まり、希望が叶いました。

入学の決め手は「少人数制」楽しく学びながら力もつきました

もともと服飾系の専門学校に通っていたのですが、人命救助の仕事に就きたいという思いが強くなり、辞めて駿台に入学しました。駿台の一番の魅力は、少人数制です。私は大人数での授業が苦手だったので、駿台が少人数制の個別指導を行っていると知り、迷わず選びました。どの授業もとても楽しく、先生が丁寧にやさしく教えてくれるので、初めは難しかった科目もだんだんわかるようになりました。入隊後は、訓練を重ねて、国と国民を守り、平和に貢献したいです。

合格へ導いてくれたのは一人ひとりに合わせた熱心な指導

高校の先輩に消防官が多く、その姿を見て自分も目指すようになりました。駿台を選んだのは、都内でアクセスが良いこと、オープンキャンパスで先生の対応が丁寧だったこと、そして、自習室があり勉強に集中できると思ったからです。実際、先生は学生一人ひとりをきちんと見たうえで、指導やアドバイスをしてくれます。その通りに勉強を進めたことが、合格につながったと思います。今後は早く消防官の仕事に慣れ、いろんな資格を取得するつもりです。

集中して勉強できる環境と先生のアドバイスのおかげで道が開けました

大学で叶わなかった公務員試験合格を目指して、駿台に入学しました。駿台を選んだのは、勉強に集中できそうだったからです。実際、少人数制の授業で疑問点を質問しやすく、良い環境でした。最初は消防官を志望していましたが、勉強するうちに事務職に興味を持つようになり、先生の紹介で動物園協会を受験しました。公務員ではありませんが、動物が好きですし、公益性の高い仕事ができると思ったのです。結果は、無事合格。頑張れば、道が開けることを実感しました。

オープンキャンパスで学校の雰囲気が良かったため入学を決めました。

オープンキャンパスに参加して、勉強しやすそうな雰囲気だったので駿台を選びました。授業は基礎から始まるので勉強しやすく、毎日学校に来て真面目に勉強をしていれば、実力は必ずつきます。合宿では、初めて人前で自己紹介しましたが、その後につながるいい経験ができました。消防官の父を見て消防を目指すことを決めたのですが、合格できて本当によかったです。

駿台は厳しいという印象があったのですが、「スタートアップ期間」というシステムに惹かれて選びました。やりたいことと、やるべきことがはっきり区別できていなかったため、この期間の存在は非常に助かりました。実力が足らず不安になったときは、経験に基づくアドバイスに助けられ、勉強を続けることができました。以前から興味があった国税局に入ることが出来、本当に良かったです。

東日本大震災での活躍を目の当たりにし、消防士を目指しました。以前、夜間制の専門学校に通ったのですが、授業数も少なく生徒も多かった為、授業では質問も無理でした。もっと勉強をしたくて大学卒業後、駿台に入学しました。一番魅力的だったのは少人数制の授業です。先生方が親身になって指導してくださったこと、また、学力を自己分析し試験日から逆算して計画的に勉強をしたことが、合格につながりました。

家族が公務員であることと、野球で体を鍛えていたので、警察など公安系の公務員になるのが目標でした。大学を中退して2年間独学で勉強して試験を受けましたがうまくいかず、駿台で学ぶことにしました。少人数での授業中は気が抜けませんが、各教科の先生方が勉強の仕方と試験対策をしっかり教えてくれました。公務員を目指す人は、年齢制限のある試験も多いので、早めの行動をお勧めいたします。

駿台の入学案内パンフレットを読み、直感で入学を決めました。国税専門官になられた先輩の具体的なアドバイスを見られたことが決め手になりました。入学後、99%合格できる「必勝法」を身につけることができ、希望の防衛省に入ることができました。村尾先生、石川先生、高見先生、小川先生、松田先生方の授業は本当に素晴らしいものでした。また、担任の福地先生、橋本先生、大変お世話になりました。

大学進学後に公務員になると決めて駿台に入学。ネームバリューと少人数制に魅力を感じて選びましたが、期待以上に密度の濃い授業を受けることができました。上級試験は入学して約1年後に始まるので大変ですが、先の見えない闘いではありません。この短期決戦を制すれば、その先のステージヘ自信を持って歩み出せると思います。

駿台の授業はとても丁寧でした。民法はレジュメの質が高く、難しい分野もすんなり理解できました。面接対策も非常に充実しており、自己PRシートは何度も添削をしていただいて、納得のいくものにまとめあげることができました。

面接の実践的な訓練は、担任・教科・就職指導の先生方、そして教務の方までもサポートしてくださり、おかげで自信を持って本試験に臨むことができました。駿台の少人数制ならではの親身なご指導に感謝しています。

駿台の授業では、参考書に載っていないような深い知識を教わることができます。また本試験では、授業で配られた先生オリジナルの要点集から、かなり出題されていました。日々の授業を大切にすれば、必ず合格できると思います。

学校関係の職に就きたいと思い、兄が学び夢をかなえた駿台で学ぼうと決めました。最も大切にしたのは普段の授業です。そのため早寝早起きをし、規則正しいリズムで生活するようになりました。また、同じような目標を持つ仲間と共に学び、刺激しあう中で自分で勉強する時間も増えていきました。先生方の言うことをしっかり聞いて、一つひとつこなしていけば、必ず結果が出るはずです。

学ぶ教科が多くて大変だと感じましたが、毎日の授業で少しずつ実力が付いてきたのには驚きました。特に憲法は、毎週の条文テストで着実に条文を覚えることができたので、答えに困ることがほとんどなくなりました。

駿台は合格率が高く、入学後にコース変更ができるので、自分の興味を探しながら着実に実力を蓄えられると思い選びました。授業は基礎からじっくりと進み、新鮮な内容で自然に集中できました。日々の授業で実力がつき、合格につながったと確信しています。市の職員として、世代間交流の促進に関わりたいと考えています。

入学当初は全然書けなかった論作文も、丁寧にご指導いただいたおかげで、本番はすらすら書くことができました。「合格できる論文」を書くための力を手に入れたことに、喜びを感じましたね。駿台の少人数制授業のおかげです。